ハットピン|スカーフの留め方三種

ベージュのコートにスカーフ三種

ハットピンといえば、ラペルピン。ジャケットの襟元や帽子を留めるのによく使いますが、今日はスカーフを留めたコーディネイトをご紹介します。

まずは、モクラメシリーズのおしゃれなハットピンです。このスカーフは大判なので2重巻きして留めました。マフラー風になりました。

次は花粉シリーズ(ピンク)のおしゃれなハットピンです。こちらも大判ですが、コットン素材の張りがある布地なので、肩を覆う感じで1重で巻いて真ん中で留めています。

最後は音符シリーズ(ブルー)のおしゃれなハットピンです。こちらは薄手のスカーフなので、片側に掛けて、交差したところを留めています。かっこいい感じになってます。

ハットピンの場合、針が長いの厚地のスカーフや、マフラー、ショールを留められます。ジャケットの襟元につけるのも素敵ですが、スカーフを留めるのにもぜひお試しください。

ところで、留め金はかならず、カチッというまで針を留め具に差し込んでくださいね。これができてないと、留め金を落としてしまいます。お気をつけください。

その他のハットピンはこちら。

その他のハットピン関連記事:お洒落なハットピン

(タマル1号)