「閉店のお知らせ」のその後

tamarusan_gin1.jpg
「閉店のお知らせ」のメルマガを配信して1週間が経ちました。
4日間連続で配信しましたが、1日目からお客様からメールがいくつか届きました。
内容は、閉店後の展開について。「このまま辞めてしまうのか」など。
そして、4日目最終日配信後、また、いくつかメールをいただきました。
「閉店しても事業は続けることに安心した」といった内容のメール。
みなさん、とても温かい内容のメールで、
中には渋谷時代の頃のお客様もいらして、簡単に言うと、とっても感動しました。
思い返せば、わたしたちは、
商品が売れなければいつでも辞めるつもりでした。
売れなければ、続けようもないしと。
いつだって、辞める覚悟でいました。
ですが、これが、お客さんがいなくならない。
長蛇の列ができる店ではなかったけど、
お客さんがいなくならないんですよね。
そうなると、やっぱり、うれしくて楽しくて続けてこれたんです。
決して、お客さん中心の物作りではなかったです。
なんでも言うことを聞いてはこなかったです。
そこはいつも葛藤がありましたが、譲れない部分は譲れなくて、
今でもそうですが、断るのがけっこう辛い。
また、お客様によっては、融通を利かせたり。
決して、平等というわけでもなく。
今回、お客さんからの熱いメールをいただいて、
とても驚きました。
あまり、お客様寄りの商売ではなかったのに、
そういう風に考えてくれてたんだなあって。
やっぱりお客さんと直接、会って話がしたいなあって、しみじみ感じました。
なので、必ず、対面販売できる形を今後取ることをお約束します。
これから、また、新しい「TAMARUSAN」を作っていきます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。
(タマル2号)
TAMARUSAN
田丸由紀子
田丸美加子

コメントを残す