ヘアピンの出番はいつか

大ぶりヘアピン

ヘアピン 梅 緑 花 飾り取り外し可能 アンティーク調 髪留め

ここ最近、ヘアピンをアップしたので、ヘアピンについて、熱い思いを書こうと思います。

ヘアピンをそもそも作ろうとした理由は、遡ること20年前?

確か、お客さんに「ヘアピンないの?」と言われたのがきっかけです。

そればっかしですけどね。

ヘアピンって、ピンのバネがだめになってしまうのが嫌で、ピンがだめになったら、交換できるヘアピンを作ろうと今の形になりました。

ピンと飾りがはずせるのです。

なので、うちのヘアピンは、一生使えるヘアピンなんですよ。

一生使えるヘアピン!

キャッチはこれで決まりでしょう。

ただ、一生使うか?って、つっこみもセットでお願いしたいところですね。

ヘアピンはもうしないんだよなーって普通にあると思うんですよ。

テキトーに壊れてくれれば、あきらめもつくんだけど、状態はすこぶるいい、触るとときめくんだけどなーみたいな。

そこで、ですよ。

ヘアピンの裏

上の写真をご覧ください。

ピンの穴っこに、リボンあるいは革紐とかをピンの代りに通せば、チョーカーでいけますよ。

ご相談いただければ、リメイクもいたしますので、ぜひ、ご一報ください。

それと、ですね。

ヘアピンとしては使わなくても、かんざしのようにお団子に挿して使うこともできるので、

あきらめるのは、まだ早い、と言いたいです。

ヘアピンは若い人のものだけではありません。

特に着物スタイルに、やっぱ、なんかちょっと、ここにこう着けたいのよーってことありますね。

特に髪が短い場合、かんざしやコームが使えないので、そんなときに、このヘアピンの出番。

ヘアピンは着け方次第で、大人もOK。 耳の横にハイビスカスを挿すあれ、南国の。

あんな感じでピンの部分を隠して、挿します。

すると、大人っぽく素敵になります。

大人の高級ヘアピン、どうぞお試しください。

上の「福梅の花ヘアピン」はこちら

ヘアピン一覧はこちら

(タマル2号)

コメントを残す