ブローチネックレスの着け方

ブローチ

タマルサンのブローチネックレスは、ブローチにもネックレスにもなるアイテムです。

ブローチとして使いたいときは、チェーンを外し、ネックレスとして使いたいときは、チェーンを着けてブローチをぶら下げるという、こんな感じ。

しかし、ブローチとして洋服に留めつつ、ネックレスとして首からチェーンを垂らすよ。という荒技があるんですよ。

じゃん。これです。襟に、ブローチを留めて、チェーンはそのまま首からさげております。

下の写真は、カーディガン留めとしてブローチを使いつつ、ネックレスでもあるというコーディネイト。

最後はこちら。

一見、ネックレスとしてぶら下げているようで、ちょっとチェーンの長さよりも短めにブローチで留めて、チェーンを少し、たるませて着けています。ちょっと面白い着け方じゃないですか。

このブローチとネックレス両方をいかした着け方の良い点の1つに、ブローチがぶらぶら動いて、ひっくり返ったりしないことがあります。

そもそも、以前に、大阪の高島屋さんで期間限定販売をしたときに、そこの社員さんがやってたんですよ。

「なんかな、このブローチぶらぶらして、ひっくり返るねん。せやからこうやって留めたったわ」

てね。

なので、ブローチネックレスをお持ちのかたは、ぜひこの着け方も試してみてくだいさいね。

その他のブローチネックレスはこちら。

(タマル1号)

コメントを残す