カラーシャツ

宝石箱シリーズのループタイ
宝石箱シリーズのループタイ
以前、勤めていた会社の男性たちは、たいてい白シャツを着ていました。
まあ、特殊部署の人とか、たとえば、デザイン関係部門とか、
対外国人交渉部門とかの人はそれなりに、ピンクのシャツとか
柄がらなんかを着てましたけど、
概ね、ちょっと変わった織り地とかそんな程度だったんですよ。
だもんで、写真のシャツでさえ、最初は「わー、結構派手だなー」
と思ってました。
でも電車のなかでいろいろ観察してみると、結構、みなさん柄シャツとか
色柄とか様々なものを着てるんですね。
上の写真のシャツなんて、むしろ地味かもね。
建築シリーズのループタイ
建築シリーズのループタイ
てことは、もっと変わった形のループタイも結構会社に着けていっても
OK!な会社が多いのかなあと思うんですけどどうなんでしょうか。
そういえば以前お客様に、「ちょっと奇抜すぎるかなあ」
と言われた事があったんですが、
でもその方のしていたループタイは、
もっと奇抜でした。
ある動物の顔がかなりの大きさでガツンと付いていました。
その時思ったんですよ。
ループタイ界では、当店のは、ちょっと地味過ぎて
それを奇抜と表現されたのかも?と。
上記写真のループタイは、当店のシンプルなこのタイプよりは
マーブルシリーズのループタイ
マーブルシリーズのループタイ
ちょっとデザインが凝ってて、でもそんなに派手じゃないという
丁度良い加減で、柄シャツにとてもよく合うと思います。
ぜひお試しください。
今年はクールビズいつまでなんでしょうか。
ずっとだいいなあ。
ループタイ一覧はこちら。
(タマル1号)

コメントを残す