袴用着物ができた

袴 着物 シルク 手縫

久しぶりに、弓道で着る袴用着物ができあがりました。

手縫な上に、週一の2時間しか作業をしないので

この着物は5ヶ月はかかったような…。

洋服と違って襟とか袖部分くらいしか曲線がないので

非常やりやすく、和裁教室でかかるNHKラジオ(主に相撲中継)を聴きながら

ひたすらまっすぐ、気軽に縫えました。

今回も紐をつけましたが

着物 紐付き
着物 紐

ポケットは2つ付けてみました。

着物 ポケット付き
着物 ポケット1
着物 ポケット
着物ポケット2

このポケットがあると、いろいろ入れられて便利です。

弓を引く場合に、胸元に挟むってことができないもので。

この布は、シルクと綿の混紡なので

これからの季節にいいかなあと思っていたのですが

和裁教室の仲間には、冬に着るのね?

と言われてしまいました。

紺色だからかな。

タマルサンの帯留めができないのが残念ですが

弓を引いてない時は、根付でも下げてみようかな。

タマルサンの着物小物はこちら。

(タマル1号)

コメントを残す