想像できないものは。

帯留め 緑 ユリ

このところ、弓に、地域猫活動に忙しかったため

(あと、仕事もしたりとかでね)

和裁教室の宿題ができず

和裁をするのは教室のみ状態で

今縫っている単(ひとえ)の着物がちっとも進んでおりません。

先日は、襟つけをしたのですが

この襟つけというのが曲者で

着物 単
着物襟先作り

なんども縫っているのにもかかわらず

ちっとも頭に入ってこないので、先生、先生と

連呼しまくって、同じ説明をなんども聞きまくりです。

着物 襟 和裁
着物襟先仕上がり

この頭に入らない理由の1つに、年齢的なものもありつつの

一番は、縫ったあとの展開が想像できないということかなあと。

いつかテレビで見た、体操の内村航平選手のインタビューで

自分が想像ができた技は実際にもできる。だったかな。

そんな感じのことを言っていて

本当?さすがだなあと思ったのですが

今回、逆の状態で確かに想像できないから

できないわけですなあ。

と感心しましたよ。

着物を作ると思ってもみなかった着物小物のアイディアが

浮かびそうな気がするんですが

今のところはそれほどでもないようです。

タマルサンの着物小物一覧はこちら。

(タマル1号)

コメントを残す