恐るべしマクロレンズ

淡水パールが揺れるピンクの梅柄飾りのヘアピン ピン取り外し可能
最近購入したカメラとレンズでもって、商品登録を行っておりますが、
「マクロレンズ恐るべし」です。
どこまでもリアル感を追求してしまいますので、
こちらの心構えもいることが判明しましたよ。
小さなホコリも見逃してくれないのです。
見えるでしょうか。
右下の方。
最初はパソコン画面にホコリがね、と思って手で拭き取るも取れません。
あっち側の問題でした。
淡水パールが揺れるピンクの梅柄飾りのヘアピン ピン取り外し可能
なんかこう今までよりも素材の雰囲気まで手に取るようにわかりませんか?
マイクロスコープというのでしょうか。
頭につけて拡大して見る事ができる道具。
あれでチェックしながら写真を撮ったほうが良さそうです。
そう言えば、タマル1号がしきりにその話をしていたような。
最近、目の絞りも弱くなってきたような気がしますので、何か対策をしなければいけません。
マクロマクロ。

淡水パールが揺れるピンクの梅柄飾りのヘアピン ピン取り外し可能

ヘアピン一覧はこちら
*最近アップ
(タマル2号)

コメントを残す