向きがあるヘアピンの着け方

着ける時に、方向を確認しないと、デザイン的に逆さになっちゃたりするヘアピンがあるんですよ。今のところ、ハートと蝶のデザインかな。

だからといって、片側だけにしか着けられないわけじゃないんですね。私もそれに1年くらい前に気づいたんですが。そんなの当然じゃん?という方もいらっしゃるでしょうなあ。

ようは、飾りにヘアピンを付けるときに方向を確認して、ヘアピンを差し替えればいいわけです。実際の写真をご覧ください。

とその前に、タマルサンの飾り取り外し可能ヘアピンについてちょっと語らせてください。

タマルサンのヘアピンはピンの取り外しができます。これは、ヘアピンというのは、使っているうちに劣化して、髪をはさむ力がなくなってきます。そうすると、飾りは使えるのに、ピンがダメになったから、使えなくなってしまうということになります。それでよく、修理の依頼を頂いていたんですが、こうなると私たちにもどうにもできなくて、申し訳ないなあ、なにかいい方法はないかなあと思いついたのが、この飾り取り外し可能ヘアピンです。これならピンがダメになったら、ピンだけ交換すればまた使えます。われながらいいこと思いついたなあと自画自賛しております。

では、話を戻して、向きがあるヘアピンです。

最初はですね、右向きなら、右向きしか使えないなあと思っていたのです。でも考えてみたら、ヘアピンを上記写真の通り、差し替えれば普通にどっちでも使えるじゃん?と、作った本人が随分たってから気づいたというわけです。

写真の通り、ヘアピンの付け方をご参照いただければ、右に着けたいときは、こっち向きに、左日着けたいときはこっち向きに、とヘアピンをさせばいいのだな。とわかるかと思います。

さて、ハート型の場合もこんな感じで左右に着けられます。

どうでしょう。

このタイプのデザインを既にお持ちの方で、私と同じく、左右それぞれに着けられると知らなかった方が、これを読んでくれるといいな。

その他のヘアピンはこちら。

(タマル1号)

コメントを残す