両側に飾りがついている ハットピンの着け方

両飾りハットピン

海外ドラマだと思うんですけど、カーディガンあるいは、ボレロなんだか、ボタンじゃなくて、ブローチで上のところを留めて着る様子をみて、かわいいなあ、私もやりたい。

と思って作り出したのがこの両飾りハットピン。

ハットピンは帽子に留めたりショールを留めたり、使い方はいろいろありますが今日はカーディガン留めとして紹介いたします。

このニットをみたときに、ボタンがついていなかったので、ハットピンで留められる!いいのみつけた。と思ったものです。逆いうと、何かで留めないとダラっと肩から脱げるのでハットピンは必需品です。

こちらのニットも同様にボタンがついていないデザインです。もちろん、ハットピンで留めたいがために、ボタンなしを常々さがしてみつけた戦利品のひとつです。

こうしてみていたら、飾りと飾りの間にチェーンとか、ビーズがぶら下がっているのもあったはずだ、と思いタマルサンハットピンコーナーをチェックすると

あったけど、在庫なし。こちらはご注文いただけましたら製作いたしますので、気になった方はお問い合わせください。

今日はニットに合わせましたが、マントまたはケープにつけても素敵なのでぜひお試しください。

ハットピン両飾りタイプはこちら。

(タマル1号)

コメントを残す