三毛猫柄の蝶

21818915_20110811183947.jpg
三毛猫店長からの伝言です。
「シックですてき、わたしが人間だったらこれにするわ」
だそうです。
そんなお洒落な店長に、
先日、ノミがいることが発覚しました。
外にお出かけすることもないのに、いつのまに。
わたしの寝床にノミのフンやら幼虫やらが蠢いてました。
ひっ
フロントラインプラスをすぐにしましたよ。
従来のフロントラインと違い、卵がふ化するのもやっつけます。
ついでに、野良猫ちゃん用に「レボリューション」を購入。
フィラリアも予防できる優れものです。
さて、今日は三毛猫店長からのお願いがあります。
ただいま、環境省による「動物愛護管理法」の見直しを行っていますが、
それに向けて、国民の意見を公募しています。(パブリックコメント)
法改正されると困る業者たちが、やっきになって前回同様「反対」票を投じてきます。
法改正されれば、救える命が確実にあります。
たった5年に一度の法改正です。
パブリックコメントは簡単ですので、ぜひお願いします。
パブリックコメントの書き方はこちら


One Action for Animalsより以下転載
昨年(2010年)1年間で、犬64,061頭、猫165,771頭 計229,832頭が殺処分という理不尽で悲しい最期を迎えている中、自然繁殖以外に新たな命を送りこんでいるのは紛れもなくブリーダーやペットショップなどの動物販売業者です。ペット産業は今や1兆円を超えるとも言われるビジネスになり、年間販売される動物の数は、犬だけでも60万頭にも及びます。
前回は、数万対数百という圧倒的差で、ブリーダーやペットショップなどの業者のに都合の良い方の案に票が投じられ、現在も業者の思惑通りの無法地帯ともいえる残酷なペットビジネスが存在し続けています。彼らが今利益優先でやりたい放題出来ているのは、ごく緩い規制しかないからです。現状の動物愛護管理法に足りない、よりしっかりとした生命優先の厳しい規制が施行されるように意見するのがパブコメです。


IMG_0110.jpg
「ペットショップも悪徳ブリーダーも許さん。ドイツのように殺処分0を目指すのよ」
(タマル2号)

コメントを残す