ロンとふくちゃんとトラ次と三毛子

IMG_6125.jpg
ふくちゃんがひなたぼっこをしていたときのこと。
初めて会うふくちゃんにマネージャーのロンは何を思ったのか、ふくちゃんを見るやいなや、
懐かしい友人に会ったときのように、笑顔でしっぽを振りながら、
ふくちゃんに向かって行ったのです。
ふくちゃんの恐ろしさを知らないな?
わたしだって、気安く触れないんだよ。
10cm手前で、ふくちゃんは、般若のような顔で言いました。
「それ以上こっちに来たら、ぶっ殺す」
わたしはロンに言いましたよ。
「やめときな、ロン、ふくちゃんは本気だよ」
上の写真は、数分後の様子です。
手前にかかった雑巾のせいで、寂しそうにしているロンの顔が見えませんが・・・
_MG_6005.jpg
三毛子なんかふくちゃんにどつかれて、顔がキズだらけです。
さて、前回は環境省による「動物取扱業の適正化について(案)」のパブリックコメントを募集していましたが、
集計結果がこちらに出ています。→ほぼ日刊イトイ新聞から
ほんとにすごい数が集まりました。メールよりも郵送が多かったっていうのが、
考え深いですね。
そして後半の「動物愛護管理のあり方について(案)」についてのパブリックコメントの募集が始まりました。
(とっくに始まってる。わたしも出遅れてます。)

12月7日(水)まで(詳細はここをクリック→環境省の詳細ページ)
こちらから、簡単に意見を送れるツールがあります!
ひっかけ問題はありませんので、素直にポチポチ押してください!
2分でOK!
動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可(←クリック)

*動物虐待に関する案が含まれていてとても重要です。
少しでも不幸な動物を救うためには法改正が必要です。
日々、殺処分される犬猫や動物虐待などニュースを耳に目にする度、
無力感に襲われ絶望的になります。
それでも、
少しでもちょっとでも自分にできることを続けるしかありません。
ご協力お願いします。

(タマル2号)

コメントを残す