ポン太とポン吉

IMG_1728.jpg
今日は猫でも犬でもなく、タヌキのお話です。
わたしの散歩のゴール地点にいる猫たちに混じり、タヌキがやってきました。
見ると、ゾウの背中のように毛が抜けていました。
最初に見たときは2年くらい前でしょうか。
冬の寒い中、こちらをじっとみていたのが印象に残っています。
久しぶりに現れたと思ったら、兄弟スタイルです。
親子ではないような。
これは「疥癬」(カイセン)という皮膚病で、
ダニが体に住みついて、皮膚を破壊していくそうです。
毛がぜんぜんないので、よく冬を越せたもんだと思いました。
IMG_1727.jpg
(薬投与2回目後)
疥癬は薬ですぐに治るという噂を聞いたので、早速投与。
これだけ禿げてたら、そう簡単に治るものじゃないと思ったのですが、
なんと!
新しい産毛が生えてきたのですよ。
写真は投与後なのですが、
ちょっと質感に光沢?
以前のゾウさん質がもう見あたらないのです。
この調子でいけば来月には、ふっさふさのもっさもさになるのではないですかね。
IMG_1654.jpg
(薬をあげる前)ゾウ肌。わかります?
薬は餌に入れて、一週間に一回の薬で4回分です。
毛がないときは、凶悪のお顔つきだったのが、
少しかわいらしく見えてきました。
がんばれ、ポンタ!
ポン吉!

(タマル2号)

コメントを残す