ヘアピン

マーブルシリーズのヘアピン
マーブルシリーズのヘアピン
最近はあまりないんですが、以前は時々ヘアピンの修理の依頼がありました。
飾り部分じゃなくて、ヘアピンの挟む力がゆるんでしまって、
髪をとめられなくなったものを、
もとに戻せないかということなんですが、
私も何度か試してみたんですけど、
こればっかりは、直せないんですよ。
金属疲労ってことなのかなと思ってるんですが。
そこで、思いついたのが、飾り部分をヘアピンから取り外せるように
したらいいじゃないかということでした。
そしたら、ヘアピンがだめになっても飾り部分はまた使えるわけだしね。
でも実をいえば、ヘアピンがダメになったら、
そのときが買い替え時、そろそろ飽きてきたでしょ?
と思ってたんですよ。昨日まで。
ところがですね、昨日ずっと気に入って使っていたヘアピンが
壊れたというか、ヘアピンの挟む力がほとんどなくなってしまったんです。
そろそろだめになりそうだなあとは思ってたんですけど、
今日がその日とはなあ、とがっくりきました。
そう、がっくり。
また新しいのにすればいいじゃないと思ってみたものの、
しばらくしょんぼりしてしまいました。
やっとヘアピンの修理を依頼されるかたの気持ちが
すんなり心に入りましたよ。
そのお気に入りは取り外しができないタイプだったので、
ヘアピン交換もできず、
渋々、余ってたパーツを使って新しいのを作ってみましたよ。
宝石箱シリーズのヘアピン
宝石箱シリーズのヘアピン
あ、これじゃないですよ。
やっぱり、しょんぼりしたくない方は、
交換可能なタイプをぜひどうぞ。
おすすめです。
プレゼントにも。
ヘアピン一覧はこちら。

(タマル1号)

コメントを残す