ピレアペペロミオイデス

今日は、ピレアペペロミオイデスの植え替えをしました。

今年は子供が生まれなかったのが非常に悔しくてですね、

もっと気合を入れねばと思った次第であります。

このピレアくん、とってもかわいいなと思ってまして、

かなり贔屓をして育てています。

葉っぱが放射線状に伸びてくるのですが、やはり太陽の方を見たがるので、

ちょっとずつ鉢ごと回して、バランスよく日に当てるのがポイントです。

この子供の生まれた方が独特といいますか、小さいときからピレアなのです。

鉢の内側目一杯に、12時、2時、4時、6時、、、の方向に芽がでます。

これがなかなか圧巻でして、わたしは感動したのです。

最近、メルカリでこのピレアくんを売り飛ばしてみたんですよ。

そしたら、1000くらいで売れてしまいました。

ふはっ

レアものらしいです。 これでわたしもりっぱなピレアブリーダーと言えましょう。

一昨年生まれたピレア
まだ小さい

ピレアを育てるのも熱が入るってなもんですな。

それと、葉っぱが丸くてなんかドラムみたいでかわいいと思うんですよ。

そうそう、ドラムつながりで、6月1日に、

わたしがときたま通う武道の先生のドラムコンサートがあります。

全く想像がつかないですが、楽しんでこようと思います。

ドラムがピレアに見えるかも。

ピレアシリーズでも作ろうと思います。

お買い物はこちらから

(タマル2号)

コメントを残す