ナンシー関が好きだなんて言ってたら

消しゴム版画

消しゴム版画をやることになりました。

ナンシー関が好きでしたが、まさか消しゴム版画までやるとはね。

自分でも驚きです。なんでやってみようと思ったんだったけ。

最初は木版画やってみたいなと思ったのですが、消しゴムのほうが最初はやりやすいかも、と思ったんです。

先日、町田市にある版画美術館に行って木版画を見てきたのですが、

やっぱ木版画にすごく可能性を感じました。

でも、まずは消しゴムから。

いや〜消しゴムをわたしはなめてましたね。

けっこうできるんじゃないの?と始めたら、あらできない。

できると思ってるのができないのはつらいこと。

なんでできるって思ってたのかって、そこはやっぱ、わたしも手先が器用でしょ、

ちょっとやればできるんでない?と思ったのがまずかった。

いきなり大物に手をだすのは、まずいと思い、丸をきれいに掘ることからトレーニング。

ひたすら丸を掘る、掘る、掘る。

カーブがね。

カッターを動かすのではなく、消しゴムを回していく。

カッターを斜めに入れてくのがポイントらしい。

次は四角を掘る、掘る、掘る。

だんだんコツがわかってきましたよ。

やっぱ、器用なんじゃない?と淡い期待をしながら、次は三角。

鋭角にくいっと、掘る、掘る、掘る。

そして本番、アライグマのしっぽをスケッチして、トレースして、

掘る、掘る、掘る。

明日はナメクジに挑戦です。

アライグマのしっぽ
左が最初のしっぽ。角ばってるので、もう一度、掘ったのが右。(青インクで押してみた)

さて、どんなものが出来上がるのやら。

お楽しみに

お買い物はこちら

(タマル2号)

コメントを残す