ときどき、どきどき断食

ここ数日、家で断食をしてました。60時間ほどです。

半年以上ぶりでしたかね。ここ数週間、お菓子を無性に食べたくなってたので、これはいかんなあ、断食時だなあと思ってました。

あと、エンゲル係数が上がってくると、やっぱ断食時ですね。食べたくなくてもなんか食べちゃう、みたいな。

悪い習慣が続いて、やめたいけどやめられな〜い、ときにやっぱ断食の出番。

しっかりデトックスをすると、丁寧な生活に舞い戻れますね。わたしの場合は。

断食のお楽しみは、やはりなんと言っても、最後のうんこストッパーである上のパンです。チーズをのせてね。2枚はいきますよ。

そして、仕上げは、夜のお蕎麦です。これが最後のフィナーレになりつつある。

断食中はつらいんですが、このお蕎麦を妄想すると、乗り切れます。

今回の断食では、頭は痛くならならかったのですが、更年期障害のホットフラッシュが始まるときつかったですね。そういう意味では、断食よりもホットフラッシュのほうがつらいかも、と思いました。

最後の方にトイレから戻ってきたときに、目の前が真っ白になって、その真中に盲点が見えました。盲点は見えないから盲点というのでしょうが、盲点が見えました。盲点ってほんとの盲点。黒いあれ。盲点だよね、あれは。

目をつぶっても見えたので、盲点じゃないのかな?

いかんせん、ちょっとやばかったです。断食はけっこう危険ですよ。

それと、うちの猫の福ちゃんがゲロったので、拭こうと思ったら、何を思ってか踏んじゃいまして、やっぱ断食は危険だなと思った次第です。

やっぱ蕎麦だね

鬼蜘蛛日記でした。

(タマル2号)

コメントを残す