かんざしの使い方

かんざし
少し前になりますが、髪を切りすぎてしまい、かんざしをするのにぎりぎりの時がありました。
このときは焦りました。
「どうせ伸びるから、かんざしができる範囲まで切ってください」
と美容師のお兄さんに伝えたものの、
「うーん、もうちょっと切って」を数回繰り返したら、
「あ、できない」
とまあそんなことに。
いつもは、18cm以上はないとやりにくかったのですが、
このときばかりは、短めのかんざしが必要になりました。
長さがあるということは、お団子のボリュームが出るということなので、
あまりボリュームないのに、長いと返ってやりにくいのです。
少しなら棒の先が出ても問題ないのですが、
半分以上棒が丸見えはちょっとかっこわるいですからね。
そんなわけで、最近また髪が伸びてきたので、長めのかんざしにシフトしました。
でも、髪が長過ぎるとまたそれはそれでやりにくいのです。
重いですし。
絶妙な長さというのが、自分の中であるのですが、そこを探っているうちに、
切りすぎるというお決まりのパターンです。
長さテンプレートとか作るとか。
ここだという長さになったときに、
髪を1本抜いて、何センチか計る。
それを持って、美容院に駆け込む。
どうでしょう。
写真という手もありますがね。
かんざしを考えている方の参考になればと思います。
髪質や長さによって、人それぞれなところがありますし、一概にこれっと言えないのですよ。
わたしも昔、バーニーズで木製のかんざしを2本買ったことがありましたが、
かんざしの長さが短かったのとわたしの髪の量が多かったのと、
うまく使えなかったという理由により、
バキッと折ってしまいました。
そうですねえ、初心者の方で陥りやすいパターンは2つありますね。
使い方ですが、髪をねじるとこまではいいのですが、まとまりきらずに、ふんわりして、
するりと落ちてしまう。
でもこのパターンはまだいいと思います。
かんざしを折る心配がないので、あともうちょっと練習すれば簡単にできるようになります。
もうひとパターンは、そこをクリアした方にありがちかもしれませんが、
きゅうきゅうに髪をねじりすぎて、かんざしを挿してもちあげる瞬間に、
テコの原理が働いて・・・
もう言わなくてもおわかりかと。
この「きゅうきゅう」タイプは、おそらく、頭が痛くなります。
ひと呼吸戻すイメージでやってみてください。
なんせきゅうきゅうに髪をひっぱられますので、ずきずききます。
わたしも経験者です。
「ふんわり」と「きゅうきゅう」の間を目指すのがポイントでしょうか。
かんざしの使い方はこちらにありますので、ぜひ参考になさってください。
かんざしの使い方教室
家にあるお箸とかで練習するといいと思います。
1本折っても、もう1本挑戦できますし。
いろいろなかんざしはこちらにたくさんございます。

かんざし一覧はこちら

(タマル2号)

コメントを残す