お友達に広く広く広めていただけないでしょうか?

お友達に広く広く広めていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

福島のいまだ救済されない動物、ペットたちがいます。
飼い主さんを待ち続ける犬、猫たちを救済するために、ご協力ください。
お友達にぜひ、広めてください。よろしくお願いします。
以下、「福島原発被害の動物たち」からのほんの一部転載です。


日本や世界の皆さんが何万もの署名をしましたが、
それは受け入れられませんでした。
4月22日、管直人首相は動物保護法を無視して完全閉鎖指令を出しました。
これにより完全無人の街にになり、誰も助けに行けなくなりました。
一時帰宅を待っていたのでは、間に合わないペットもいます。
すでに7割は死んだでしょう。しかし、まだ生きている命があります。
私たちは、法を犯してまでも何度も何度も原発が見えるところまで行
きました。そして中心部の動物たちの悲惨な状況も見てきました。
どうかお願いです、皆さんはペットを飼われている方も多いでしょう。
もしご自分の家族であるペットが飼い主を失い、飢えで苦しみ、
遠くの地に見離されたとしたら、どれだけ悲しむことでしょう。
決して他人事と考えないでください。
詳しくはこちらをご覧下さい。
「福島原発被害の動物たち」のフェイスブックより
(タマル2号)

コメントを残す