いまさらジロー

ジロー

ジローが野川公園からやってきて、ちょうど一年経ちました。

「やってきて」というのは間違いで、連れてきたんですけどね。

ジローは公園のアイドル猫でしたが、ときおり、首にひもを着けられたり、不審なことがありましてね。サイコキラーにやられるのも時間の問題ということで。まあ、でも極めつけは、蛇に足を噛まれて腫れ上がっていたのが直接的な原因です。病院に連れていってそのまま飼うことになりました。

まあ、何かに噛まれた痕があったのを、ジローなら蛇にやられそうという独断と偏見で決まったのですがね。

ジロー

「ジローって、かわいいね」とか「ジローはいったい何歳なの?」とか、それも言われるけど、本当はそれを聞きたいというより、ちょっと違う感じがするんですよ。

それを要約すると、「ジローって、あれなんなの?」「あいつ、何?」

なのではないのかな?って勝手に思ってます。

なぜかと言いますと、わたしもときおり、ジローをみていると、「何あいつ?」って思うことが多いのです。ふとした時のしぐさっていうのかな。なんか変なんですよ。

変なのって気になりますよね。ただ「かわいい」とかでは形容できない何かがジローにはあるんです。

ジロー脚開き

ジローの一番の特徴は、常に太い脚を開いているところです。猫に有るまじき行為です。

まるで犬みたいです。

そして、これが本日の目玉。ジローがごはんをせがむときにやるジャンプです。

題して「ジャンピングジロー」。

ほっとくと、いつまでも一人でジャンプするので、おもしろいんですよ。

ジローは、看板猫の才能がありそうですね。

ぜひ、ジロー目当てにご来店ください。

ジローへのお土産も受け付けます。

お買い物はこちらから

(タマル2号)

コメントを残す